ウェブページ運用指針について

本ウェブページは、北海道札幌養護学校ウェブページ運用指針に基づいて運用されています。
詳しくは以下をご覧下さい。
北海道札幌養護学校ウェブページ運用指針.pdf
 

カウンタ

閲覧数719958

校長あいさつ


 「ともに歩む」

 北海道札幌養護学校Webサイトへようこそお越しくださいました。
 本校は昭和33年2月、当時リンゴ園と畑が続く札幌市白石区平和通に、北海道の公立学校では初めての知的障がい養護学校として開校しました。平成4年に札幌市の東部に位置する厚別区山本に校舎が移転し現在に至っています。
 開校以来、知的障がいのある子どもが未来にたくましく生き抜くことができる確かな力を身に付けられるよう、子どもたちへの愛情と創意に満ちた教育活動を進めてまいりました。開校から60周年の節目の一昨年度は、開校からの歴史を振り返り、発展を支え続けてくださった方々への感謝の気持ちとともに、歴史と伝統をもとに更なる発展を目指し、記念式典・記念講演、公開授業、記念誌編纂、記念行事等に取り組みました。
 本年度は、新入生小学部20名、中学部22名、高等部31名、訪問教育学級5名を加えて、小学部生が111名、中学部生が76名、高等部生が89名、訪問教育学級全31名を含む全校307名でスタートします。北海道では有数の大規模校ですが、子どもの教育的ニーズに応じて、一人一人のよさ・可能性を最大限に伸ばし、健やかで主体的に学び続ける子どもを育てるきめ細やかな教育的なかかわりを進めてまいります。
 教育推進に当たっては、職員間はもちろん、ご家族や関係機関、地域の皆様に対して「わかりやすさ」や「伝わりやすさ」を重視し、情報発信、双方向の情報共有を積極的に進め、学習の目的や目標、内容等について、共通の認識にたち、ともに手をたずさえて、子どもたちの健やかな成長を支え育んでまいりたいと考えています。
 本年度におきましても、本校の教育活動に対して、より一層のご理解とご協力をお願い申し上げます。1年間、どうぞよろしくお願いいたします。

 令和2年4月1日

北海道札幌養護学校長 佐々木 誉 之 



TOPへ